ロンドン(London)イギリスエリア情報

  1. >
  2. 地域
  3. >
  4. >
  5. ロンドン(London)イギリスエリア情報

About Area

ロンドン(London)とは

イングランドの南東部に位置する、イギリスおよびイングランドの首都ロンドン、世界的な貿易・金融・文化の中心地であり、有名なバッキンガム宮殿やビッグ ベンなど歴史的建造物が多く残るヨーロッパーを代表する観光都市、最古の都の一つです。

2000年前から変わらず存在し、長い歴史と文化が残る中、先進国として世界でも有数の経済を持つとても魅力的なエリアとして繁栄し、移民や留学生が集まるロンドンは、文化の中心地として多くの人種がそこで暮らしています。

古い街並みが多く残るイギリスは、歴史建築を大事にする文化があるため、景観を守るために現在でもレンガや石造りの家が殆どです。そのため、古い建物ほど価値があり、定期的なメンテナンスも必要なためコストは古いほど基本的に上がり、価値があります。

ロンドンへ行くには・アクセス

日本からロンドンの場合、直行便で約12時間半の飛行時間で到着します。また、時間はかかりますが、乗継でアジアの国を楽しみながら行くことも可能です。

到着後、ロンドンの空の玄関口、ロンドン・ヒースロー空港から市内までは、列車、地下鉄、バス、タクシー、など様々な公共交通機関があり、その中でも利用しやすいのは電車とタクシーです。

電車の場合、ヒースロー エクスプレスやヒースロー コネクトで約15~25分でアクセス可能です。また、ヒースロー エクスプレスは前割りが可能です。利用者が多く目的地までそのまま行けるタクシーは、ロンドンでは「ブラックキャブ」と呼ばれるロンドンタクシーであり、予約なしで乗れるのはこのタクシーとなります。

また、予約制で乗れる「ミニキャブ」と呼ばれるハイヤーに近いサービスは、予約が必要ですがタクシーよりも安く利用が可能です。



ロンドンの見どころ・スポット・エリア情報

何世紀もの歴史、文化を持ち、世界屈指のカルチャー発信源として様々な刺激に満ちたロンドン。

市内の真ん中を東西に流れるテムズ川沿いには、首都イギリスでも、一番有名なロンドンの偶像的なシンボル「タワーブリッジー」「国会議事堂・ビックベン」などロンドンのランドマークが建ち並びます。

他にも、多くの美術館・博物館があり、歴史的な絵画、資料を見ることが出来たり、カルチャー発信源として多くの魅力あるファッションブランドを「ハロッズ」や「リバティー」などでお買い求めいただけます。



 ■セントラルロンドン


ロンドンの中心地であり、首都イギリスを象徴するエリア、セントラルロンドン。

ロンドンの有名な観光スポット・ランドマークが多くある中、ロンドンで最もファッショナブルな街路「キングス・スロード」、「ハロッズ」も「ハーベイニコルズ」などがあり、有名な高級デパート街「ナイツブリッジ」など高級かつ最先端のショッピングた楽しめるエリアが沢山ある中、高級住宅街「メイフェア」や「チェルシー」を初め、住宅街も多くあります。

中心地としてショッピングや交通にとても便利なこのエリアは近年、テムズ川沿いに新築のコンドミニアムが次々に建築されており、海外駐在員や留学生に人気のエリアです。

 ■ロンドン北部


賑やかな中心部とは違い、自然の多い静かでおだやかな住宅街が広がるロンドン北部、ロンドンで一番の大きさを誇る王立公園「リージェンツ・パーク」などのある、緑に囲まれた高級住宅街としても知られ、比較的大きな物件が多いエリアです。

日系の幼稚園や日本人学校があり、馴染み深い日本の食材店や飲食店などもある日本人コミュニティーの一つとして有名です。そのため日本人家族などが多く、人気のエリアとなります。

 ■ロンドン西部

緑や公園の多い中、落ち着きのあるチューダー様式の英国らしい町並が広がるロンドン西部、こちらも日系の幼稚園や日本人学校があり、古くから日本人コミュニティーの一つとして発達したエリアです。

イーリング・ブロードウェイには150以上の店舗が集まるショッピングモール、日本人コミュニティが多く集まるウエストアクトン周辺には日系の食材店・レストランを初め、日本語が通じる医療施設やリサイクルショップまであり、とても便利です。

ヒースロー空港へのアクセスがとても良く鉄道やバスなどの交通インフラもとても整備されており、北部と同じく日本人家族などが多く、人気のエリアとなります。

Sale

カテゴリー