1. >
  2. Articles
  3. >

シンガポール不動産価格のトレンド

PropertyAccess Team |

シンガポール不動産価格上昇に転じる


欧米アジア主要都市と相反したサイクルにあるシンガポール不動産市場です。


2013年をピークに調整をしていた住宅価格が緩やかな上昇に転じました。2016年は3.1%下落でしたが、2017年1.1%の上昇です。

過去数年間の調整局面で 地元デベロッパーはランドバンクを取得していなかたところ、不意打ちをかけたように中国や香港のデベロッパーが強気の入札。完成在庫が底をつく中、政府土地売りだし落札価格が大幅に上昇しています。

12月に落札されたシンガポール川沿いの土地はプロットレシオ(*1)辺り$1,733と1年前に川向いで落札された現Martin Modernの土地落札価格を4割上回り、大きな話題となりました。商業複合物件なので単純に比較するべきではありませんが、数年後に販売されるコンドミニアムは建築コストとマージンを入れると$2500/平米フィート (約26,911ドル/平方メートル)超えてくるものと思われます。


2017年度は$100億ドル強の住居がコレクティブセール(*2)といわれる建て替えでデベロッパーに落札されており、4000戸近い住居の代替需要が今年中旬から来年にかけて発生します。現在120余りのコンドミニアムで建て替えの議論が進んでおり、代替需要はこの数年続くでしょう。


シンガポール政府人口白書によると、現在550万人の人口は2030年までに650万人程度まで引き上げることが発表されています。世界一のバイリンガル教育を子供に受けさせるため、経済成長の激しい近隣諸国やインド、中国の富裕層がシンガポールに住居を構えることも多く、高級物件の売れ行きは当面好調が見込まれます。


(執筆協力:PropNex Realty 渡辺幸子氏)

<脚注>
*1 プロットレシオ:プロットレシオとは、土地面積に対する建物の総床面積の比率である。
プロットレシオ =総床面積/土地面積(出所:シンガポール都市再開発庁
*2 コレクティブセール:いわゆる一括売却のこと。2戸以上の物件が、一人の買い手に売却されること。

Categories